計算メダリスト

目 次

  1. 計算メダリストとは
  2. 計算メダリストの概要
    2-1. 実施について
    2-2. 問題程度と内容
    2-3. エントリーについて
    2-4. 参加費
    2-5. 主催と賞状について
  3. 参加申込み方法
  4. エントリーシートのダウンロード
  5. 保護者向け 参加案内状のダウンロード
  6. サンプル問題ダウンロード
  7. 練習問題・本番問題ダウンロード
  8. 全体成績について

計算メダリストとは (通信制大会イベント) 

「通信制で気軽に参加できる大会イベントがあったら良いのにな...しかも表彰の用意もされて賞状も貰えて全てがワンストップで!」これが計算メダリストの開催主旨です。当大会イベントでは、参加者全員に大きな金属製メダル(φ60㎜、φ50㎜)と賞状を授与します。小さなお子様にこの大きなメダルが授与される姿は保護者にとっては喜ばしいことですし、本人にとっても励みになることでしょう。

大会イベント参加の大きな目的は、目標に向かって精一杯練習し実力を上げることです。その成果を試す場が検定試験や競技大会等のイベントです。大会イベントは子どもを鍛える最高の教材です。教室イベントとして、連盟行事として、仲の良い教室が集まって開催するのもOKです。計算メダリストでは、先生が参加申込みと成績ファイルをメール送信するだけで、作問など問題の準備、賞状印刷、メダルの手配など面倒な作業なしで実施することが可能です。ぜひ貴塾でもチャレンジしてみてください。

計算メダリストの概要 

1.実施について
毎年6月、10月、2月の年3回開催します。希望月に参加申込教室(各教室または各団体)が設定した会場で実施ください。各回実施期間内に採点し、末日までに成績ファイルを送信ください。教室イベントとして、グループ団体行事として、仲の良い教室が集まって開催するのもOKです。

本番問題・練習問題(20回分×2)のPDFデータ提供、保護者向け参加案内状、メダルの手配・納品作業、成績処理ファイルの提供、大会ポスターの配布、賞状の印刷・発送は全てツーネットが行いますので、先生は参加申込みだけで実施することが可能です。

全参加者に得点に応じた金属製高級メダル(特別金賞・金賞・銀賞・銅賞)を授与します。6月は勝利者メダル、10月は鳳凰メダル、2月はイーグルメダルと各回別に授与されるメダルステージが変わります。ぜひコンプリートを目指してください。

2.問題程度と内容
【コンテスト部門】
かけ算60題(7分)×2回、みとり算60題(7分)×2回の計4回を計測、1題1点計240点満点。
 ※特別金賞230点以上、金賞229~200点、銀賞199~150点、銅賞149点以下

【チャレンジ部門】
かけ算50題(8分)、わり算50題(8分)、みとり算25題(8分)、暗算 50題(3分)の4種目、1題5点(みとり算1題10点)計1000点満点。
 ※特別金賞960点以上、金賞955~900点、銀賞895~700点、銅賞695点以下

小数問題や補数計算はありません。コンマは不要で一字訂正は無効、消しゴム使用不可です。

3.エントリーについて
計算メダリストには、コンテスト部門とチャレンジ部門の2部門が用意され、レベルに応じたエントリーが可能です。エントリーの目安としては、7級~4級はコンテスト部門、3級以上はチャレンジ部門がおすすめです。

なお、エントリーした部門によってメダルのサイズが変わり、コンテスト部門は直径50㎜×5㎜厚の金属製、チャレンジ部門は直径60㎜×6㎜厚の金属製、どちらもスタンド式プラケース付きが授与されます。特別金賞は蝶リボン仕様になります。小さなお子様へ大きなメダルが授与されている姿を上手に活用できれば生徒募集アップも見込めることでしょう。

4.参加費
1人 2,000円を納入してください。申込み人数に応じた値引き制度がありますので詳細は申込み時にメールにてお知らせします。また、賞品の発送代等の充当分として申込教室(または団体)毎に別途3,000円が必要です。なお、珠算教室(または団体)での参加となりますので個人参加はできません。

5.主催と賞状について
当大会イベントの主催は、計算メダリスト実行委員会となります。賞状(認定証)には主催名が表記されます。ただし、参加申込み時のエントリーシート内にある主催団体名を変更することで希望する主催団体に変更できます。よってグループ団体として開催することも可能です。

また、変更した主催名は賞状に反映されますのでグループ団体、連盟等の主催大会にも計算メダリストをご利用いただけます。賞状に表記される日付は指定開催月の末日となり、各期日までに成績ファイルを送信いただくことで賞状を発行します。

なお、賞状に表記される氏名の書体はAR教科書体になります。変換候補にない文字への対応はできませんので悪しからずご承知おきください(氏名印字無しでの納入もできます)。

賞状(認定証)のサンプル

参加申込み方法

計算メダリストに珠算教室(または団体)として参加申込みされる方は、計算メダリスト参加申込フォームからエントリーシートを添付してお申込みください。開催時期とエントリー受付期間は以下のとおりです。プレ大会にはメダルは付きませんが参加費無料です。

【プレ大会 2022年2月開催】        2021年12月30日までに受付

【第1回 2022年6月開催 勝利者ステージ】  2022年4月30日までに受付

【第2回 2022年10月開催 鳳凰ステージ】  2022年8月31日までに受付

【第3回 2023年2月開催 イーグルステージ】 2022年12月31日までに受付

・計算メダリスト エントリーシートのダウンロード(Excel)

※エントリーシートへ参加する生徒情報等の必要事項を入力後、参加申込みフォームからエントリーシートを添付して送信ください(下記メールアドレス宛でも可)。エントリーシートには、チャレンジ部門とコンテスト部門でシート(Excel内のタブ)が分かれてますのでエントリー別にご入力ください。入力を終えると参加費が自動で計算されますので表示金額を下記の口座までご送金ください。着金確認でき次第、練習問題20回分(PDF)と本番問題(PDF)、成績処理ファイル(Excel)を貴塾メールアドレスへお知らせします。

【申込みメールアドレス】
k3medalist@twonet.jp

【参加費送金先口座】
豊橋信用金庫 井原支店
普通口座 1280056  株式会社ツーネット

保護者向け 計算メダリスト参加のご案内

保護者向け 計算メダリスト参加のご案内ダウンロード

※ダウンロードの案内状はテンプレートです。ご利用は自由で、生徒の参加を促進するための案内フォーマットとしてご利用いただけます。Wordで作成していますので教室の状況に応じて修正し、保護者へお渡しください。 基本的には★部分を変更していただければご利用できます。

計算メダリスト サンプル問題

・チャレンジ部門 サンプル問題と解答

・コンクール部門 サンプル問題と解答

計算メダリスト 練習問題・本番問題

練習問題・本番問題ダウンロード
 

※練習問題と本番問題をダウンロードするにはパスワードが必要です。パスワードは申込み完了後にお知らせします。

全体成績について

計算メダリストは点数に応じて特別金賞、金賞、銀賞、銅賞の括りでメダルを授与することを目的としております。したがって全体の順位を付ける成績表は基本配布いたしません。しかし全体成績を参考にさらなるレベルアップを図りたいと考える教室には、練習・本番問題ダウンロードページより実施月翌月中旬頃にダウンロードできるようにしました。全体成績の活用方法は教室に一任しますので希望教室は参加対象月の問題ダウンロードページからダウンロードください(ページに入るにはパスワードが必要です)。

■ PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。